ジュエリー専門学校ー〈宝石学のご案内〉

厳しい暑さにゲリラ豪雨!皆様、体調管理に身の安全確保、十分になさってくださいませ。

ジュエリー専門学校

〈宝石学のご案内〉/ジュエリー専門学校

 

本日は、8月に開講されます「宝石学」のご案内をさせていただきます。

キラキラ輝く宝石は、私達の永遠のあこがれ!ですよね。ジュエリーに不可欠な石。それぞれの特性をしっかり理解したうえで石を扱えたら制作の世界が広がりますね。この講座、「各宝石の見極めから購入の注意点、並びにどのような処理がされているのかを知り作品、商品に使用した際に、お客様に明確に説明できる知識を得る。」というもの。業界での豊富な経験からくる興味深い話しをまじえた山田校長の講義は、時間を忘れて引き込まれること間違いなし。ぜひ、この機会をお見逃しなく!!

《宝石学》

日にち:8/23(水)8/25(金)8/26(土)同じ内容の講座ですので、ご都合の良い日をお選びください。

時間:11時〜17時

場所:DOVE Tokyo College of Jewelry

Dove・JJCAの生徒さんはもちろん、一般の方どなたでも受講いただけます。ご興味を持たれた方、是非ご連絡お待ちしております。

上の

 

 

ジュエリー専門学校ー伝統工芸「燕子花の帯留」

台風一過のここ吉祥寺は、日差しギラギラの1日になりました。

さて本日は、伝統工芸を修行中の私の作品をご覧いただきたいと思います。今年の初めごろに布目象嵌の「燕子花の根付」をお見せしましたね。同じパターンですが、帯留めに仕上がりました。

ジュエリー専門学校

伝統工芸「燕子花の帯留」/ジュエリー専門学校

前回よりは、ちょっぴりマシになったでしょうか。

 

 

 

 

ジュエリー専門学校

伝統工芸「燕子花の帯留」/ジュエリー専門学校

先日、浴衣にこれ着けてお出かけしてまいりました。コーディネート、いかがでしょう‥

伝統工芸のコース、「彫り」を始めました。ひたすら、竹を彫る日々を過ごしております。お見せできるような作品が出来ましたら、また見てやってくださいませ!

上の

ジュエリー専門学校ー〈パールビジネス講座/実技〉

今日の吉祥寺、どんより梅雨空です。こんな日は夏本番に備えて、楽しい夏休みのプランでも立てましょうか。

さて、先週開かれました「パールビジネス講座」、受講された方々お疲れ様でした。この講座は、座学・実技・検定と3日間に渡って行われます。本日さっそくお一人、2回目の実技のネックレスを組みにお越しいただきました。

ジュエリー専門学校

パールビジネス講座・実技/ジュエリー専門学校

組み方は、オールナッツ。全てのパールの間にナッツが入ります。

ジュエリー専門学校

パールビジネス講習・実技/ジュエリー専門学校

これは、端4粒の真珠の穴を拡張しているところです。端4個は糸が4本入るため拡張が必要なんです。

ジュエリー専門学校

パールビジネス講習・実技/ジュエリー専門学校

 

 

ひたすら組み続けること3時間あまり、完成!とっても素敵に出来上がりましたね。

ご本人、「自分で組めたら、楽しいですね」とご満足いただけたようで、綺麗にケースに入れてお持ち帰りいただきました。先日の座学では、パールの奥深さにとても興味を持たれたそうで。ぜひ、今後のビジネスに役立ててください。

そして今週末は3回目の検定、頑張ってください!!

上の」

3色ストーンのリング

CMSで作成したリングをご紹介致します。

IMGP0016

左から、ペリドット、ダイヤモンド、ムーンストーン です。

淡い色の石なので豪華に3つ石留めをしても

派手過ぎず、上品な印象に仕上がりました。

 

ジュエリーには誕生石を使う事が多いとは思いますが

同じものばかりになってしまったり、飽きてしまった場合は

星座石や干支石、さらには曜日石もあるようなので

チェックしてみてください。

 

堀内

 

ジュエリー専門学校ーダイヤモンドラインネックレス

関東も梅雨入り、うっとおしい季節が来てしまいました。ですが、ここは快適!吉祥寺本校はいつでも皆さんが作業し易い環境を整えてお待ちしております。

本日は、DOVEの生徒さんが大作を仕上げましたので、ご紹介いたしましょう。

ジュエリー専門学校

ダイヤモンドラインネックレス/ジュエリー専門学校

 

18金に11個のメレダイヤを留めたラインネックレス。これ全て地金技法で制作されました。始まりは、おばさまからネックレスを頂いたところから。大切なネックレスを活かし、地金をそのまま使ってリメイクしたい!と。

まずは金を溶かし、プレート状に伸ばし形を作ります。ノコと極細ヤスリでアウトラインができたら石座と爪を作ります。これはかなり手間と根気のいる作業。

ジュエリー専門学校

ダイヤモンドラインネックレス/ジュエリー専門学校

ジュエリー専門学校

ダイヤモンドラインネックレス/ジュエリー専門学校

 

石座にドリル刄で穴を開けます、これは明かり取りと石のすわりを良くするためです。

ジュエリー専門学校

ダイヤモンドラインネックレス/ジュエリー専門学校

あとは石留めを残すだけの状態。チェーンもロー付けされました。

石留めは、ミル留め。ミルタガネを使いスリ出した爪をクルクルと留めていきます。

ジュエリー専門学校

ダイヤモンドラインネックレス/ジュエリー専門学校

ここ数ヶ月かけて仕上げた作品、キラキラですね!おばあさまもお喜びでしょうね。

残った地金がまだあるそうで、今度はお二人の妹さん方のために一粒ネックレスを作り始めたそうな。これまた、ご紹介しましょうね、乞うご期待!

上の

 

ジュエリー専門学校ーブライダル用サンプルリング

今日の吉祥寺の空はちょっとどんより、そろそろ梅雨入りでしょうか。

ジュエリー専門学校

ブライダル用サンプルリング/ジュエリー専門学校

ジャーン、ケースの中にお行儀よく収まったピッカピカのリングたち。DOVEの生徒さん制作のブライダル用のサンプルです。全て、シルバーを溶かし・伸べて・ヤスって・丸めて、ロウ付けし磨くという地金からリングを作る工程で作られています。お客様に参考にして頂くための物なので、ゴールド・ピンクゴールド・ロジウムなどのメッキをかけ仕上げました。これだけあると、「うおーっ!」っ感じですよね。でも驚くなかれ!あと1ヶ月でもう1ケース分制作予定だそうで。

ジュエリー専門学校

ブライダル用サンプルリング/ジュエリー専門学校

製作者のハリウンさんはモンゴルからの留学生。日本語と社会学を大学院で学びながら、小さい時から興味のあったジュエリーの日本の技術を身につけて帰りたいとここDOVEに入学されたのは2年ほど前。課題を真面目にこなし着々と技術を身につけて来られましたが、この度、数ヶ月後に帰国されることが決まったそうです。DOVEで身につけた技術を、モンゴルに持ち帰り、ぜひビジネスに!とブライダルのサンプルを制作し初めて2ヶ月。ほぼ毎日3限フルで頑張った成果ですね。あと一ヶ月、一つでもたくさんリング仕上げてくださいね。

上の

 

足跡リング

CMSにて作成したリングをご紹介致します。

つぶつぶしたテクスチャー

よく見ると、、、

かわいい足跡になっています!猫でしょうか??

IMGP0006

日本では空前の猫ブームのようですが、

最近は動物をモチーフに制作されている生徒さんや会員さんがとても多いです。

アートワックスなら、お気に入りの動物たちをモチーフにしたアクセサリーも

手軽にチャレンジできます!

 

堀内

 

ジュエリー専門学校ー〈馬シリーズ〉

連日の暑さは少しおさまり、5月らしい過ごしやすい1日でした。

さて本日は、DOVEの生徒さんの作品をご紹介いたしましょう。

ジュエリー専門学校

馬シリーズ/ジュエリー専門学校

馬シリーズ、4ポーズ出来上がりました。JJCA認定講座を終了されてるMさん、さすがWAXの扱い慣れてらっしゃる。躍動感のある馬の表情出てますねー。一番ご苦労されたのが足の関節、骨折なんてこともしばしば。でもそこは馬好きのご本人「馬好きゆえに妥協は許せなかった」と、語ってくださいました。

ジュエリー専門学校

馬シリーズ/ジュエリー専門学校

ジュエリー専門学校

馬シリーズ/ジュエリー専門学校

これは、背景にモチーフをつけて。ゴム型を取ってあるので、アレンジに量産、し放題。展示会などにたびたび出店されているMさん、次回の展示会に向けてピンバッジやネックレスに仕上げていくそうです。素敵な商品、いっぱい作ってくださいね!

上の

 

プリンセスカットのリング★

CMSで作成したプリンセスカットのジルコニアを使ったリングです。

シンプルなデザインですが、マット加工にすることでやわらかい雰囲気もあり、着けやすいリングに仕上がりました。

プリンセスカットとはその名の通り、プリンセスのような気品ある女性に向けて作られたダイヤモンドのカッティングとしては比較的新しいカットです。

20世紀中盤以降、そのネーミングからも人気があり、アメリカでは婚約指輪に選ばれることも多いそうです。ダイヤモンドの場合、研磨のロスも少ないため大粒に仕上げることが出来ます。シンプルな形状ながら、強い輝きを放つ事ができるのです。

ただし、エッジが欠けやすいので取り扱いには要注意との事!

ラウンドカットとはまた違った輝きを楽しめるプリンセスカットにも挑戦してみてはいかがでしょうか?

pri

堀内

ジュエリー専門学校〈デザイン基礎講座〉

GW明けのここ吉祥寺本校、黙々と制作に没頭される生徒さんで静かな時間が流れてます。本日は、月一回の「デザイン基礎講座」が開講されましたのでご紹介いたしましょう。

IMGP0007

この講座、「ジュエリーデザインの基礎を学びビジネスに役立てる、主にマリッジリング、エンゲージリングのデザイン画をお客様の前で描けるレベルまでの技術を身につける」事を目標に毎月開かれてます。

本日最初のお題は、先月に引き続き「淡彩真珠表現」。水彩絵の具でパールの色付けをします。淡彩とは、べったり塗らないほんの少し彩色するだけで完成する描き方。今日は、色紙の上での描き方を習いました。紺色の色味を生かしてうすーく白を乗せていきます。みるみるパールが浮き出て、生命を帯びてくる!うーんカワイイ!

次のお題は、マリッジリングに欠かせないアイテム「S字リング」のデザイン展開。なのですが、先ずはS字リングが描けないいことには始まらない。という事で、メビウス状のS字リングの透視図法の練習から。これがなかなか難しい・・。

と今回も和やかに、実り多き時間を過ごした生徒さん方でした。

このデザイン基礎講座、途中からでも単発での受講も可能です。ご興味のある方、ご連絡お待ちしております。

上の