ジュエリー専門学校ー〈打ち出し「てんとう虫」〉

危険な暑さ!って聞いたことありましたー?溶けそう・・です。

さて前回見ていただいた「てんとう虫」ですが、煮色しました。

ジュエリー専門学校

伝統工芸「打ち出し」/ジュエリー専門学校

煮色とは、銅合金の表面の化学処理方法の一つ。薬液の中で煮込むことにより、表面に酸化被膜を形成させ耐候性を付け、独特な発色の表面に仕上げること。合金の種類により違った色合いが出せます。

この怪しげな緑の液体の中で煮ること30分。

ジュエリー専門学校

伝統工芸「打ち出し」/ジュエリー専門学校

予想どうりの色味に染まってきたぞー!とほくそ笑む私。

左の子は、ベースが純銅なので赤褐色に染まる予定。右の子は、赤銅(銅と金の合金)で青みがかった黒色にそして背中の星は純銅なので赤く染まる予定。さあ、引き上げて見ましょう。

ジュエリー専門学校

伝統工芸「打ち出し」/ジュエリー専門学校

んー、染まってはいる!が、ムラあり・・。なんと溝に全く色が入ってないではありませんか!煮る前の工程として、炭研ぎをするんですがそこが不十分。溝に至っては完璧にノーマークでした、染まるはずが無いわけで。

と言うわけで「はい、やり直し!!」と師である校長先生に軽く言い渡され、はい!やり直します。明日、1日かけて炭研ぎします。次回をお楽しみに。

上の

ジュエリー専門学校ー伝統工芸「打ち出し」

梅雨の晴れ間というより、夏本番の暑さ!がやってきてます。

先週お届けした打ち出しの「てんとう虫」、今週の経過をお見せしたくしつこく掲載させていただきました。IMGP0005 (1)

ジュエリー専門学校

伝統工芸「打ち出し」/ジュエリー専門学校

これが先週の状態。あれから土台から切り取り、きさげとヤスリで形を整え、朴炭で磨きだしたところ。まだまだ磨いてツルツルになったら、裏面に板を張りピンをつけて完成!と。来週出来上がりをお見せできたら、おなぐさみ。上の

上の

ジュエリー専門学校ー伝統工芸「打ち出し」

今日は梅雨空が戻ってます。この季節、元気なのは紫陽花だけ・・

さて、私上野はここ吉祥寺本校で「伝統工芸」を修行中。只今制作中のを作品を見てやってくださいませ。

ジュエリー専門学校

「打ち出し」伝統工芸/ジュエリー専門学校

 

何なに!?とお思いですか・・「てんとう虫」。打ち出しという技法、一枚の金属の板からできてるんですよ!赤銅(少量の金を含む銅合金)の板を先ずはお裏から叩きお椀状にし、斜め上から叩き図案を浮き上がらせます。焼きなましで金属を柔らかくしながらの地道な作業になります。形ができたら、背中の星は銅で目は純銀で象嵌をします。そして、てんとう虫を浮かび上がらせるように下の部分を絞ります。ここまで約数ヶ月。

これから、土台から切り取り磨きをかけ、裏打ちをしピンをつけ、煮色をしたら完成!となります。まだまだ試練の道は続きます・・完成しましたらまたアップしますね、見てくださいませ!!上の

ジュエリー専門学校ー〈パールビジネス講座〉

関東地方もついに梅雨入りしてしまいました。うっとおしい季節だからこそ、上手に楽しく過ごしたいですね!

ジュエリー専門学校

パールビジネス講座/ジュエリー専門学校

先週の金・土で行われた「パールビジネス講座」を受講された方々、お疲れ様でした。パールビジネスはジュエラーにとって必須学習事項です。この講座では、そのパールビジネスについての座学が1日、パールの糸組みをしていただく実技、販売取扱検定と三日間で行われます。座学で学習し検定に合格したら、お楽しみがいっぱい。問屋さんから無償で貸してもらえるんです。展示会やお友達との集まりとかに、じゃらーとパールを見せることができる、これってすごいですよね。販売できなかったら、そのままお返し!すればいいんです。御徒町のその問屋さんでの即売会などにも招待されます。この機会に大量に仕入れをすることができるというわけ。

実技では、パールを実際に組んで行きます。これが出来ると、お友達から糸替えのお仕事入ってきますよ。しっかり身につけてくださいね。

では6月16日の検定、頑張ってください!

上の

ジュエリー専門学校ー〈デザイン基礎講座〉

ここ数日の夏日で東京の桜は葉桜へと。新緑の季節と移っていきます。4月、新年度がスタートしました。気持ち新たにまいりましょう!

さて本日は、月1回のデザイン基礎講座が開講されましたので覗いてみましょう。

ジュエリー専門学校

デザイン基礎講座/ジュエリー専門学校

今日のお題は「立方体の透視図法」。まずアングル60°置き位置45°の立方体を描く練習をします。何ゆえ立方体!?この中にリングが居るんです。この立方体がきちんと描けないことには、リングは描けない!と言うこと。立方体が描けたら、遠近法を考えながらリングを描いていきます。次は、アングル60°置き位置20°と難しくなり・・線だらけで訳わからなくなりながら。

ジュエリー専門学校

デザイン基礎講座/ジュエリー専門学校

 

適正なリングを描くためのこのトレーニング、鍛錬が必要そうですね。いっぱい練習して楕円の向き形を暗記する!!しかないんです。ですよね、お客様の前で立方体からから始めるわけにはいきませんものね。

月1回全12回のこの「デザイン基礎講座」、第1・2水曜日の2限にここ吉祥寺本校で開講されます。途中受講も単発受講も可能です。ご興味ある方、ご連絡お待ちしております。

上の

ジュエリー専門学校〈講座「貴金属概論」〉

ジュエリー専門学校

講座〈貴金属概論〉

3月雛の月、春ももうそこまで!

本日は、来月ここ吉祥寺本校で行われます講座のご案内をさせていただきます。

4/13日(金)4/14(土)11:00 – 17:00「貴金属概論」

貴金属の種類、性質など普段使う金属がどのような構造なのかを学習していただきます。また、925シルバー、18金やロウの成分、割金計算などを学んでいただきます。地金の技法を修行している生徒さんも、WAX原型を制作されてるあなたも、金属のこと知っておく必要がありますよね。ジュエリーに携わっている方には必須な内容ばかりです。制作活動に直接役立つこの講座、年一回ですのでぜひこのチャンスお見逃しなく!ご連絡おまちしております。

上野

 

ジュエリー専門学校ー〈現代ジュエリー基礎講座〉

本年初ブログになります。遅ればせながら、本年も宜しくお願い致します。

本日は、月一回の「現代ジュエリー基礎講座」の日でした。ご無理言って、制作途中の作品を撮らせていただきました。

ジュエリー専門学校

現代ジュエリー基礎講座/ジュエリー専門学校

 

何なに!これジュエリー!?と思われた方、多いのでは。DOVEの生徒のOさんの制作中の作品。これは、コンテンポラリージュエリー。商品としてのコマーシャルジュエリーとは違なるもの。この作品のコンセプトは「鼓動」だそうで。中心にあるのは、屋久杉で作られた心臓、下のプレート状の金属は真鍮。両者ともで、心臓の鼓動感を表現しているそうです。屋久杉は、ノコで形を形成しヤスリでツルツルに。真鍮板は、やはりノコで形成、ギザギザ模様はタガネで彫りを施しました。

ジュエリー専門学校

現代ジュエリー基礎講座/ジュエリー専門学校

 

 

そして、今作っているのは、足の部分。WAXをドライヤーで温め、好きな形に形成。

ジュエリー専門学校

現代ジュエリー基礎講座/ジュエリー専門学校

この足を3本作り、真鍮に鋳造し、ロウ付けするそうで。

どんな、作品に完成するのか乞うご期待!

この講座、「作品創作としアーティストとしての活動を学ぶ。ワークショップ、シンポジウム、作品展示の基礎と応用。」年間12回で1作品を完成させ、なんと国際コンペに出展するのが目標!一年間のコースですが、途中入会も可能です。ご興味のある方、ご連絡お待ちしております。

上の

ジュエリー専門学校ー講座〈ダイヤモンド基礎知識〉

今週末はメリークリスマス!

ここ吉祥寺本校の授業も残すこと1週間になりました。来週の水曜日27日が今年最後になりますので、宜しくお願い致します。

さて、今年最後の講習が今日から始まりました。ちょっと覗いてみましょう。

ジュエリー専門学校

講座「ダイヤモンド基礎知識」/ジュエリー専門学校

「ダイヤモンド基礎知識」この講座、ダイヤモンドの4Cはもとより販売、製造、取り扱いなどの基礎知識を学んでいただきます。そして、実際にジュエリーの現場で使うダイヤのお話、また種類を実際にお手にとり確認していただきます。ジュエリーメイキングにおいて必要不可欠なダイヤモンドの知識、是非今年の内に!

まだ間に合います!明後日22日の金曜日もしくは23日の土曜日、受講いただけます。ご連絡お待ちしております。

上の

ジュエリー専門学校ー体験レッスン〈リボンのチャーム〉

 

 

ついに今年も師走を迎えてしまいました。皆さん、大切な方へのクリスマスのプレゼント対策は進んでますか?

ジュエリー専門学校

体験レッスン/ジュエリー専門学校

本日、体験に来られた方の制作現場、ちょっと覗いてみましょう。ビーズ屋さんのパーツを自分で作れたら、とWAXでリボンのチャームの原型制作を体験されました。最初は「難しいー」とおっしゃってましたが、1時間もすると「はまりそうです!」と、制作に没頭される姿が印象的でした。

ジュエリー専門学校

体験レッスン/ジュエリー専門学校

ジュエリー専門学校

体験レッスン/ジュエリー専門学校

出来上がったパーツに丸カンをつけたら原型が完成!二次体験では、シルバーに鋳造されたパーツの磨きをしていただきます。完成が楽しみですね!次回もお待ちしております。上の

プリンセスカットのハーフエタニティリング

プリンセスカットのご紹介も3回目の今回が最後です。

今回はハーフエタニティリングです。

IMGP0020-(1)-(1)

プリンセスカットのダイヤモンドをプラチナのリングにレール留めしています。

ダイヤモンドひとつひとつが反射してできた光のラインからも、プリンセスカットの輝きの強さがわかります。厚みがあるカットの性質上、色が濃く黄色味が増して見えることがありますが、この輝きの強さは魅力的です。

プリンセスカットを並べたデザインの場合、形・輝き・色にバラつきがないかどうか確認することが重要となります。

 

堀内