足跡リング

CMSにて作成したリングをご紹介致します。

つぶつぶしたテクスチャー

よく見ると、、、

かわいい足跡になっています!猫でしょうか??

IMGP0006

日本では空前の猫ブームのようですが、

最近は動物をモチーフに制作されている生徒さんや会員さんがとても多いです。

アートワックスなら、お気に入りの動物たちをモチーフにしたアクセサリーも

手軽にチャレンジできます!

 

堀内

 

プリンセスカットのリング★

CMSで作成したプリンセスカットのジルコニアを使ったリングです。

シンプルなデザインですが、マット加工にすることでやわらかい雰囲気もあり、着けやすいリングに仕上がりました。

プリンセスカットとはその名の通り、プリンセスのような気品ある女性に向けて作られたダイヤモンドのカッティングとしては比較的新しいカットです。

20世紀中盤以降、そのネーミングからも人気があり、アメリカでは婚約指輪に選ばれることも多いそうです。ダイヤモンドの場合、研磨のロスも少ないため大粒に仕上げることが出来ます。シンプルな形状ながら、強い輝きを放つ事ができるのです。

ただし、エッジが欠けやすいので取り扱いには要注意との事!

ラウンドカットとはまた違った輝きを楽しめるプリンセスカットにも挑戦してみてはいかがでしょうか?

pri

堀内

母のリングをリフォーム!

こんにちは!

JJCAでは原型製作も受け付けています。

一点もののオーダーや結婚指輪はもちろん、リフォームもできます。

ダイヤやプラチナ、ゴールドがずっと引き出しの中で眠っているのはもったいない!

おばあちゃんやお母さんがもうつけなくなったジュエリーたちを、今時のデザインに生まれ変わらせてもう一度日の目を浴びてもらいましょう☆

IMG_0236

リングのリフォーム/彫金教室

 

こちらは生徒さんがお母様のリングをペンダントトップに作り直ししているところ。

ワックスで石座を作ります。

皆さんもお家に眠っているものはないか探してみてください。

案外沢山出てくるかも〜〜

 

記事:岩村

ステンレスのリング

CMSで依頼のあったステンレスのペアリング♡

 

 

わたし自身、ステンレスって今まで依頼を受けたことがなかったので、

どうなるかなーと思っていたんですが、

 

とっても素敵に仕上がりました☆

 

ジュエリー専門学校/ ステンレス/ JJCA/CMS/ペアリング/オーダー

ジュエリー専門学校/
ステンレス/
JJCA/CMS/ペアリング/オーダー

じゃーん!!!

 

 

色味はプラチナに近いですよね( ´ ▽ ` )ノ

 

 

マットな部分と鏡面の部分を交互に入れて、立体感ある仕上がりに♡

 

 

ステンレスだからアレルギーの方にもいいですね(^ ^)

 

 

 

ただ、ステンレスは鋳造ができにくいため、

ゴム型を取って予備が作れるようにしておくことをことをおすすめします!

(これは真鍮の時も一緒です)

 

 

 

まずは欲しいサイズの1.5〜2サイズ大きいWAX原型を作り、

シルバー原型を作り、ゴム型作るところからですね☆

 

 

 

素材のバリエーションが増えれば、創作の幅も広がりますね(*^-^*)

 

こんなのやってみたい!

というのがあれば、お気軽にお問い合わせください♪

 

 

 

 

関川

ジュエリー専門学校ー〈体験レッスン〉

今週末はもうお彼岸。「暑さ寒さも彼岸まで」と言いいますが、今日は真冬の寒さ。雪の地域もあるそうです。

本日は、お二人の男性が体験レッスンに来られましたのでご紹介いたしましょう。

ジュエリー専門学校

体験レッスン/ジュエリー専門学校

 

 

お二方とも、真剣な眼差しでリングのWAX原型を制作中。

ジュエリー専門学校

体験レッスン/ジュエリー専門学校

 

ジュエリー専門学校

体験レッスン/ジュエリー専門学校

 

Kさんのリング、何をモチーフにしたかわかります?なんと「お米」!リングにお米を乗せたものとかいくつものデザインの中から選んだのは、外して初めてお米とわかるデザイン。サプライズ感がいいですね。

ジュエリー専門学校

体験レッスン/ジュエリー専門学校

 

印台のリングを作成されたTさん。アートワックス盛り付けること5時間、ごっついリングが出来上がりました。

お二人とも、お疲れ様でした。二次体験では、鋳造されシルバーになったリングを仕上げていきます。お楽しみに!お待ちしております。

上の

ジュエリー専門学校〈槌目のバングル〉

三月、弥生。少しづつ春らしくなてきました。重いコート脱いで、お出かけしたいですね。薄着になると決まって、着けたくなるジュエリーと言えば・・そう、バングル!

ジュエリー専門学校

槌目のバングル/ジュエリー専門学校

松本から毎月学習に来られてるSさんが今日仕上げたバングルです。お客様からのオーダー品だそうで、上は白仕上げ、下のは鏡面仕上げ。サイズも2タイプ、お好みのを選んでいただけるようにだそうです。槌で叩き表面に槌目のテクスチャーがキラキラ、 シンプルで素敵ですね。

ポカポカ陽気の中、シャツ一枚にバングルでお出かけしたいですー。

上の

 

エンゲージサンプルリング

今日は会員様がクラフトマンサービスで作成したエンゲージリングのサンプルをご紹介します。

サンプルのためシルバーとジルコニアです。

ジュエリー専門学校/彫金/エンゲージ/手作り/ハンドメイド

ジュエリー専門学校/彫金/エンゲージ/手作り/ハンドメイド

石に向かって流れるラインが女性らしさを引き立てます。

どのようなマリッジリングと合わせるかで、シンプルにも個性的にも着用できそうで楽しみですね。

JJCAのクラフトマンサービスを使えばこんな素敵なリングも作れます。

興味のある方はぜひお問い合わせください。

 

堀内

ジュエリー専門学校〈伝統工芸「布目象嵌ー燕子花」〉

節分も過ぎたというのに、この寒さ。明日は都心でも雪が降るそうですよー!

ジュエリー専門学校

布目象嵌「燕子花」/ジュエリー専門学校

年初めにご覧いただいた「布目象嵌の根付」の金バージョンが出来ましたので、見てやってくださいませ。前回は純銀の薄板を象嵌しましたが、今回は、お花に純金を、葉っぱに青金を象嵌しました。この布目象嵌の工程は、前回お話ししましたので、省略させていただきますね。

と完成はしたのですが、気に食わない点がいくつも。タガネで付けた布目が深すぎつぶしきれなく残ってしまったかところとか、薄板が途中でちょっと剥がれてしまったり。お花のラインがイマイチ鮮明でないとか。なかなか思うようにはいかないのが、伝統工芸の難しいところ。それらをふまえて、もう一つ挑戦をしようと。今度は、帯留めに仕上げようかしらなんて、企む上野でした。

上の

 

 

ジュエリー専門学校ー〈デザイン基礎講座2017〉

2月如月、寒さのために更に着物を重ねて着るので「衣更着」という説があるそうで。寒さはまだしばらく続きそうですね。

ジュエリー専門学校

「デザイン基礎講座」ジュエリー専門学校

 

本日は、「デザイン基礎講座」今期2度目の講座が開講されました。ちょっとのぞいてみましょう。

授業の最初は、ものつくりの世界においての「アート」と「クラフト」の違いについて。ものつくりに携わる私たち、この違いをきちんと知っておく必要があります。それをジュエリーの世界にあてはめ、作品と商品の区別をしっかりすることの大切さを学習しました。

ジュエリー専門学校

デザイン基礎講座/ジュエリー専門学校

 

次の課題は、パールリングのデザインをしました。カテゴリー:コマーシャルジュエリー、アイテム:パールリング、マテリアル:K18YG・バロックアコヤ本真珠・メレダイヤ、コンセプト:冠婚葬祭から日常的に着装するハイジュエリー

まずはアイディア出し。これらのコンセプトから思いついた形を5パターン描きます。

そこから1つを選び、デザイン展開をしていきます。今回は24パターンを展開していきますが、プロは200パターンするそうで。

パターンより一番良いものを選び、清書します。

出来上がったデザイン画を皆で見せ合い。そこで、「一番売れそうなデザイン」を投票。7名の中から一位に輝いたのが、これ!

ジュエリー専門学校

デザイン基礎講座/ジュエリー専門学校

 

ジャーン!スタッフのSさんのデザインです。うーん、売れそうですねー!

こんな感じで、2時間半の講座は、あっという間に終了。皆様、お疲れ様でしたー。

来月は第二水曜日3月8日です。随時、入会可能です。ご興味のある方、ご連絡おまちしております。

上の

アートワックスで超細密モデリング/ジュエリー専門学校

皆様こんにちは!

アートワックスは、数あるワックスの中でも特に扱いやすく精密な造形も得意とします。

細かい作業はハードワックスなどでもできないことはないですが、上手になるまでにかなり練習が必要なので、ワックスを使って細密で精巧なジュエリーというと今まではハードルが高いイメージだったと思います。

JJCAの講座では、課題を1つ1つこなしていく度に少しずつ確かに技術が付いていくので、課題を修了したころには自分で思い描いたものをしっかり形にすることが出来る技術が身についています。

彫金

課題のジーザス

 

たとえばこんなものも作れるようになります。

こちらはJJCAのシルバージュエリー講座の課題の1つ、ジーザス。

私も作りましたがなかなか骨が折れました・・・

佐佐木先生もなかなかOK出してくれないし・・・

でも厳しく教えてもらったからこそ、誰に見せても恥ずかしくないものができました(*^^*)

彫金教室

アートワックスで細密にモデリング

ジーザスが貼り付けにされて、体はやせ衰え顏には苦痛の表情を浮かべている様を表現しなくてはなりません。

贅肉がなくなり、痩せ細ったお腹・・・

もちゃんと表現されてますね。

これ、何回やってもシックスパックの細マッチョの人みたいになっちゃって・・・難しかったな(゜-゜)

ジュエリー専門学校

アートワックスで細密にモデリング

 

苦痛にゆがむ表情。

腕の筋とか筋肉も細かく作られてますね。

あと隠れてますが背中もかなりリアルなんですよ。

元々はジーザスとクロスは別々に作ってキャストして、後でロウ付けをしています。

ジーザスは細かいので、もちろんアートワックスで。

クロスの方はシンプルでカチッとしたデザインなのでハードワックスで作りました。

こういった使い分けも仕事を早くしたり、クオリティを上げていくため不可欠です。

ここまで細かい顔や筋の感じを作るには、色々工夫がされてます。

何にされてるかというと、工具です。

JJCAでは、市販のワックスペンについているペンヘッドは使いません。

オリジナルで作っているペンヘッドで、より細かい造形が出来るように工夫しています。

スパチュラも市販のものは使わず、オリジナルをご用意しています。

デザインによってはいろんな形のものを使うので、市販のものを使うなということではないですがJJCAのペンヘッドとスパチュラがあればだいたいなんでも出来ちゃいます♪

彫金は工具をどれだけ上手に使えるか、自分でどんなふうに工夫できるかでだいぶクオリティが変わってきます。

JJCAのオリジナル工具を使ったことがないかたは是非試しに来てみて下さいね~(^^)/