ジュエリー専門学校ー今日の吉祥寺本校

今日の吉祥寺は快晴、久々の秋晴れは正に天高く、気持ちの良い1日でした。好天に誘われてか、今日の吉祥寺本校は大勢の生徒さんで賑わってます。本日は、東側の一列の3人の生徒さんの様子を覗いてみましょう。

ジュエリー専門学校

今日の吉祥寺本校/ジュエリー専門学校


それぞれに、ご自分の制作に没頭されていますね。
ジュエリー専門学校

今日の吉祥寺本校/ジュエリー専門学校


Wさん、K10フクリンのリングを制作中。磨きが終わり、石留めをすれば完成。その前に内側に刻印を打つことに。「K10」とご自身のブランド名の刻印を入れるために、サンプルで何度も何度も特訓中。
ジュエリー専門学校

今日の吉祥寺本校/ジュエリー専門学校


Nさん、K18のリングに石留めをしてるところ。パールを囲むように連なった丸いモチーフに5個のダイヤモンドを留めていくそうです。穴あけから始め石座を作り、石を留める、今日は2個納まりました。
ジュエリー専門学校

今日の吉祥寺本校/ジュエリー専門学校


Hさん、ご友人からのオーダーの鎚目のリングを制作中。このリング、金槌で叩き鎚目をつけるのですが、まずはピッカピカに磨きをかけなくてはいけません。
一つの作品を完成させるのには、一つ一つ地道な工程を経ていかなければなりません。数をこなし経験を積んで、その正確さは高まり時間は短縮されていきます。頑張りましょう!
上の
 

プリンセンスカットのフルエタニティ

以前にもご紹介したプリンセスカットのリング。
今回はフルエタニティです。
IMGP0011-(2)
プリンセスカットは、上から見ると四角形になっており、テーブル面の面積が広いことが特徴です。落ち着いた気品ある印象になります。
ダイヤの原石をカットする際に無駄が少ないので、大粒のダイヤに仕上げやすいというメリットもあります。
 
こちらはSV925にピンクゴールドメッキ、プリンセスカットのジルコニアで作成しています。
かなり豪華な輝きですが、ピンクゴールドメッキで可愛さも感じられる仕上がりになりました。
 
堀内