ジュエリー専門学校ー巣立ちの春

3月は別れの季節。ここDOVEでも、大切な仲間が一人巣立って行きます。

ジュエリー専門学校

お疲れ様、関川さん/ジュエリー専門学校

いつも穏やかで優しく親切、皆に親しまれてきた我らがスタッフの関川さんが3月一杯で退職されます。仕事はデキる!そして美人!寂しいです。私もずいぶんお世話になりました。JJCA会員さんは電話でお話しされたこと度々あったかと。

ジュエリー専門学校

お疲れ様、関川さん/ジュエリー専門学校

 

左手はお仕事を引き継ぐ堀内さんです、どうぞ宜しくお願いいたします。

関川さん、3月末で退職はされますが、学校には修行には来られるそうです。だから、まだ会えますねー。ジュエリーメーキングは続けらるそうで。素敵な作品作り続けてくださいね、応援してます。そして、新たなスタートにエールを送りたいと思います。お疲れ様でした!

上の

 

 

 

 

 

Lost Wax Casting ①

本格的に夏っぽい暑さになってまいりました。いかがお過ごしでしょうか。佐久間です。

 

今回は、ロストワックス技法において不可欠である鋳造の工程を2回に分けてご紹介したいと思います。

まず、大まかな流れとして
→ワックス原型の完成
→型枠の作成
→埋没材の投入
→静置し石膏を固める
→熱してワックス原型を溶かす(脱ロウ)
→温度をさらに上げ石膏を焼き固める(焼成)
→少し温度を下げて時間を置き、鋳込み始める
といった感じになります。

彫金専門学校

LostWaxCasting/彫金専門学校

写真は埋没材(石膏)を型枠に流し込んだ後、一時間静置したものです。中のものが判らなくならないように、記号を振っておきます。

彫金専門学校

LostWaxCasting/彫金専門学校

電気炉です。これで石膏型の温度を上げていきます。

彫金専門学校

LostWaxCasting/彫金専門学校

脱ロウするところです。下に水を引いています。

彫金専門学校

LostWaxCasting/彫金専門学校

脱ロウは1時間〜2時間。下に引いてあった水にワックスが溶け込んでいます。捨てましょう。

再び石膏型達を電気炉へ、温度を800℃になるまで上昇させます。(昇温)

次回へ続きます。

ジュエリー専門学校ーJJCA吉祥寺本校

GWも後半、昨夜の風もおさまり、すっきり澄み上がりました。

本日は、GWスペシャルという事で、ここ吉祥寺本校のご紹介を致しましょう。

ジュエリー専門学校

JJCA吉祥寺本校/ジュエリー専門学校

吉祥寺駅を出たら、中道通りに入ります。この通りは、オシャレな雑貨屋さんやお洋服屋さんにカフェなどが立ち並ぶ今話題のストリート。通りを歩く事7〜8分、左手の路地を入ったすぐに見える白い昭和っぽい建物が、ここアーツアンドクラフツの建物!

ジュエリー専門学校

JJCA吉祥寺本校/ジュエリー専門学校

1階のお花屋さん「プティークール・エーム」さん。パリの街角にありそうな店内には、綺麗なお花がいつも一杯!

ジュエリー専門学校

JJCA吉祥寺本校/ジュエリー専門学校

ジュエリー専門学校

JJCA吉祥寺本校/ジュエリー専門学校

入口右手「ボンド」さんは、アクセサリーや器などを扱うセレクトショップ。今は、お帽子の展示会中で可愛いハットたちが一杯です。

ジュエリー専門学校

JJCA吉祥寺本校/ジュエリー専門学校

ジュエリー専門学校

JJCA吉祥寺本校/ジュエリー専門学校

その奥右手は時計の「M-Watch Studio」さん。一点もののオリジナル時計の制作に修理も受ているそうです。店内には、素敵な手作業の時計やアンティークの時計がたっくさん並んでいます。

ジュエリー専門学校

JJCA吉祥寺本校/ジュエリー専門学校

奥左手は、JJCAと母体を同じくする、オーダーメイドのブライダルリングのお店「ith」。技術と経験、感性を併せ持つ女性職人が直接お打ち合わせをし、一つずつ丁寧に手作りをさせていただいております。

さて、2階に上がりましょう!そこが、JJCA吉祥寺本校

ジュエリー専門学校

JJCA吉祥寺本校/ジュエリー専門学校

この赤いドアを開けたら、そこはジュエリーに彫金、制作の現場!大勢の生徒さん方がここで学習されています。

是非、一度、遊びにいらしてくださいませ!

上の

 

こちら現場のDOVE東京よりお送りいたします /彫金教室

こんにちは、ヤスダです。

JJCAの吉祥寺本校は、彫金教室DOVE東京と併設(と言いますか、同じ空間で両方の生徒さんが入り交じって作業しています)されています。

今日はそんなDOVEの工房内についてご紹介しようかな、と。
JJCAでは、ワックスで型だけ作ってオーダーシートとご提出いただければモノがお手元に届くのですが、現場ではどんな事をしているのかしらー?と思われている方のために、サラッとではありますが「こんな機材を使ってますよ!」というのをお見せしたいと思います!

 

ワックスポッド

まずはこちら。ワックスポット。
皆さんがお使いのワックスを溶かすための機械です。

ワックスポッド /彫金教DOVE JJCA本校

このワックスは原型を作るときだけでなく、ゴム型を作って量産する時にも同じ物を使います。ポットの口にゴム型を押し付けると、溶けたワックスが型の中に流れ込む仕組みです。

写真は分かりやすいようそのまま持ってますが、本当はアルミの板で型をしっかり挟んで両手で持ちます。そうしないと、溶けたワックスがダーーーっと漏れて熱い!ドリフトかで見たローソクたらすヤツはきっとこんな感じなんだ!という体験が出来ます。

 

バッファー /彫金教室DOVE JJCA本校

バッファー。磨いてピカピカの鏡面にするときに使います。
一番最後の仕上げに青粉という磨き粉を使うのですが、それを掛け終わった後にまだキズを見つけた時には「なんでやねーーーん」と言います。

 

サンドブラスター /彫金教室DOVE JJCA本校

サンドブラスター。マットな仕上げにしたい時に使います。
上部についている口から勢いよく砂を吹き付けて、表面を荒らします。
私は磨きはできれば避けて通りたい派なので(なかなか根気のいる作業なのです・・・^ ^;)、自分の作品はなんでもマットにしちゃいます笑。
光り方も柔らかくて好きです。ブラスターラブです。

 

大バーナーと吹き場 /彫金教室DOVE JJCA本校

吹き場。威力の強いバーナーで金属を溶かす時などに使います。
溶けた金属を見てるとなんだか不思議な気分になります。銀色なのに液体。。。

 

ローラー /彫金教室DOVE JJCA本校

ローラー。金属の塊を延ばして棒状にしたり、潰して板状にしたりします。
調子に乗ってグルグルやっていると、いつの間にか欲しい厚みより薄くなっていたりしてさっきまでの自分を恨みます。

 

平面彫刻機 /彫金教室DOVE JJCA本校

平面彫刻機。平らなものに文字を刻印するときに使います。
スペルミスは泣きます。

 

工具 /彫金教室DOVE JJCA本校

貸し出し工具の面々。たいていの物はあります。
何に使うのか存じないものもあります。

 

まだまだ色々あるのですが、よく使うものはこの辺りかと思います。
これらを使って、皆さんから送られてきた大切な作品を仕上げております!

コレを見て、少しでも工房を身近に感じていただけましたら幸いです♪

記事;ヤスダ

【JJCA彫金教室・彫金学校 お問い合わせ、受付先】

彫金やジュエリーを仕事にしたい、趣味にしたい方におすすめ!

初心者からプロまでスキルアップできます。

ご見学、体験、随時受付中!!

 

JJCA 一般社団法人日本ジュエリークリエイターズ協会

電話: 0422-27-2220

〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町3-3-6

mail   info@jjca.or.jp

お問い合わせ https://v.rentalserver.jp/jjca.or.jp/club/inquiry/

資料請求 https://v.rentalserver.jp/jjca.or.jp/club/data/

体験予約 http://jjca.or.jp/club/first/

教室一覧 http://jjca.or.jp/club/contents/schools/

ホームページ http://jjca.or.jp