「好き!」「楽しい!」に勝るものはない。
切磋琢磨し良いものを世の中に生み出したい。伊藤正敏さんインタビュー

  1. Home >
  2. 活躍する会員インタビュー >
  3. 伊藤正敏さん
ジュエリー・アクセサリーづくりの講師として教室や工房運営に励んだり、
技術やチャンスを活かしてアーティストとして活躍している会員の声をご紹介します。

Interview

伊藤正敏さん

「好き!」「楽しい!」に勝るものはない。
切磋琢磨し良いものを世の中に生み出したい。

自らのブランドをつくるために、日々技術研鑽している伊藤正敏さん。ジュエリークリエイターとして今後活動する為に、真摯に作品創りに励む伊藤さんにお話しを伺いました。

ジュエリークリエイターになった、またはなろうと思った経緯を教えて下さい。

伊藤さん:もともと絵を描いたり曲を作ったり、自分の考えていることや言葉を形として表現することは日頃から行っていました。
「ジュエリークリエイターになろう」と決心して作成をはじめたわけでもなく、自然と自分の世界観を表現する方法の一つとしてやってみようという気持ちがわいていました。

ジュエリークリエイターとして活動することで、得ることができた貴重な体験や関係、素敵だなと思えることについて教えて下さい。

伊藤さん:まだ僕はこの世界に足を踏み入れたばかりで、駆け出しも駆け出しですが人と人との繋がりは貴重な関係だなと感じています。
主に引間先生からアートワックスやシルバーについての指南を仰ぎ、作品の制作に励んでいます。
JJCAを知る前に一番初めにたどり着いたのはロストワックスで、ネットでまずはスターターキットを購入しました。
独学でDVDを見ながらそれなりに作成をしていましたが、様々な工程を知っていくうちに一人だけの知識で作り続けていくことに限界を感じはじめていました。
JJCAでは多くの知識や経験を持った方がいるので、聞きたいことをすぐ聞ける環境に、はじめたばかりの自分としてはとても助かっています。

今後、ジュエリークリエイターとして更に挑戦したいことを教えて下さい。

伊藤さん:自分自身のブランドを持つことです。
まずは作品を作り続け、展示会への参加や展示販売を通して一人でも多くの人に自分の作った作品を見て手に取っていただけたらと思っています。

好きなことを仕事にするということについて、その喜びや苦労等を教えて下さい。

伊藤さん:やればやっただけ技術が身につき、新しい表現を見つけ、毎日楽しいことの連続です。頭の中にあるものを形にして皆に見てもらうことが出来る。
苦労してるな、辛いなと思ったことはまだありません。

ご自身の作品創作活動について、どのような作品をつくっていらっしゃるか、またどのような販売活動をされていらっしゃるか教えて下さい。

伊藤さん:今は虹をテーマにした作品を作っています。
自分の場合はイメージを形にするので、太陽が丸いとは限らないし虹が弧を描くとは限りません。
自分が今までに見て聞いて感じて実際に経験したことを基に、自分というフィルターを通して実際には存在しないものを形として提案していければと考えています。

アートワックスをはじめた経緯について、これまでの創作活動からの発展性や、アートワックスに対する期待感などを教えて下さい。

伊藤さん:シルバー加工についてネットで色々調べていたところ、たまたまJJCAの広告を見つけたのがアートワックスをはじめるきっかけになりました。
盛ったり削ったりをする上で、いちいちワックスの種類を変えずにひとつのワックスで完結する点がとても扱いやすいと思います。
0.1mm単位での表現が可能なので、作りたいと思ったイメージを正確に表現できることが素晴らしいと思います。

今後アートワックスを使ってどのような創作活動をしていきたいか、また現在どのような活動を行っていらっしゃるか教えて下さい。

伊藤さん:さっきの質問の答えとかぶってしまいますが、自分自身のブランドを持つことです。
アートワックスを始める前から、蜻蛉玉の作成も行っているので両方の良い部分を活かせる作品もこれから作っていければと考えています。

ものつくりに対する思いやこだわり、ものつくりのどこが魅力なのか等、教えて下さい。

伊藤さん:ものつくりをしていてある程度完成形に近づいてくると、達成感や嬉しいという気持ちがこみあげてきますが、ひとつひとつの作業がひたすら楽しいという感情として繰り返し押し寄せてくるので、追求しだしたらきりがありません。
自分が納得しきれないまでに没頭し続けれることが、ものつくりの魅力なのかもしれません。

日々、ひとりの人間として気にしていること、大切にしていること等を教えて下さい。

伊藤さん:一番はじめに自分がアートワックスで作った作品はポージーリングだったんですが、そこには「ありがとうございます。」という日本語を刻みました。
日本という国に生まれ、家族や今までに出会った人々、自分の想いを表現できる環境、ひとつひとつにありがとうございますという気持ちをいつまでも持ち、明日を生き続けていきたいです。

これからジュエリークリエイターを目指す方にメッセージをお願いします。

伊藤さん:自分がいったい何をしたらいいのかわからないという人は結構多いと思います。
大人になれば大半の人が生活のために否が応でも働き、社会に溶け込み、自分自身に時間を割けないサイクルが出来てしまいます。
自分もそうだったように本当に自分がやりたいことなんてそうそう見つかりません。寝る時間を削ってでも動いて、自分が本当に好きだというものを見つけ出してください。
「好き!」「楽しい!」に勝るものはないです。
本当にしたいことを模索し続けて、それがジュエリークリエイターだったときは、ともに切磋琢磨し良いものを世の中に生み出していきましょう。