どこまで自分を表現できるのかを考え、
作品を創作することが生きがい。奥野備仙さんインタビュー

  1. Home >
  2. 活躍する会員インタビュー >
  3. 奥野備仙さん
ジュエリー・アクセサリーづくりの講師として教室や工房運営に励んだり、
技術やチャンスを活かしてアーティストとして活躍している会員の声をご紹介します。

Interview

アトリエ備仙奥野備仙さん

どこまで自分を表現できるのかを考え、
作品を創作することが生きがい。

金線や銀線を使用してオリジナリティーのある紐を製作し、コンテストで入賞もされている奥野備仙さん。京都からアートワックスの技術に和を融合した作品をてがける奥野さんにお話しをお伺いしました。

ジュエリークリエイターになった、またはなろうと思った経緯を教えて下さい。

奥野さん:物づくりや手仕事が好きだったことと、いろんなご縁があったからですかね。

ジュエリークリエイターとして活動することで、得ることができた貴重な体験や関係、素敵だなと思えることについて教えて下さい。

奥野さん:新しい仲間が増え、一緒に活動出来ることがとても素敵だと思います。

今後、ジュエリークリエイターとして更に挑戦したいことを教えて下さい。

奥野さん:仲間たちでイベントを組み立て、繁栄に繋げたいです。

好きなことを仕事にするということについて、その喜びや苦労等を教えて下さい。

奥野さん:今、不景気な情勢のなかで続けたいことはとても大変です。でも好きな製作に関わることが夢がありますね。

ご自身のアトリエ(教室)の活動について、生徒さんのことや、教える上で気を付けていること等を教えて下さい。

奥野さん:一番は楽しんで、喜んでもらうことです。それと夢を持てるように、輪を作れるようにお手伝いすることです。

ご自身の作品創作活動について、どのような作品をつくっていらっしゃるか、またどのような販売活動をされていらっしゃるか教えて下さい。

奥野さん:カイヤナイトやターコイズといった好きな石を使って自然や生物をモチーフに製作しています。販売活動はネットやイベント出展販売を行っています。

アートワックスをはじめた経緯について、これまでの創作活動からの発展性や、アートワックスに対する期待感などを教えて下さい。

奥野さん:体験会に参加して、どこまで細かい製作に挑戦出来るのか興味を持ちました。独自性表現が何処まで出来るのか楽しみです。

今後アートワックスを使ってどのような創作活動をしていきたいか、また現在どのような活動を行っていらっしゃるか教えて下さい。

奥野さん:オリジナル商品を展開していきたいです。生徒さんには初心者でも楽しんでいただけるお手伝いをしていきたいです。さらに教室のレッスンの幅を広げ、充実した内容に取り組んでいきたいです。

ものつくりに対する思いやこだわり、ものつくりのどこが魅力なのか等、教えて下さい。

奥野さん:どこまで自分を表現できるのかを考えたり、製作することはとても楽しいですし、それを喜んでもらえることが生きがいになります。

日々、ひとりの人間として気にしていること、大切にしていること等を教えて下さい。

奥野さん:楽しく元気で、充実感を味わえる人生を送ることです。あとは人間関係ですね。

これからジュエリークリエイターを目指す方にメッセージをお願いします。

奥野さん:各自、目指す所がそれぞれ違うと思いますが、焦らず楽しんで続けることだと思います。

これからアトリエ(教室)運営をはじめる方にメッセージをお願いします。

奥野さん:人を大切に楽しんで貰える場所作りかと思います。