1. Home >
  2. 活躍する会員インタビュー >
  3. 河野三秋さん

Interview

atlierK3河野三秋さん
盛合とうこさん

過去を踏襲するだけでなく、もっと自由にものつくりを考える。

東京芸術大学において金工三科のひとつ、鋳金を専攻後、彫金、鍛金の技術も取り入れながら広く活躍なさっている河野三秋(さんしゅう)先生と、同じく東京芸術大学在学中から、河野先生を師事しつつ、作家活動を行っておられる盛合とうこ先生のお二人で運営するatlierK3。幅広い芸術分野において、長年活躍なさってきたお二人にお話をお伺いしました。

作家になった、またはなろうと思った経緯を教えて下さい。

河野さん:高校の頃、やりたいことを色々と考えながら、ひとつひとつ選択肢を減らしていったときに最後に残った絵を描きたいという思いから美大に入学しました。当初インダストリアルデザインを選考しようと思っていましたが、ある経験からインダストリアルデザインの範疇外から考えたデザインが求められる時代になると感じ、まったく異分野の金工を選考したのがスタートです。

盛合さん:美大の予備校に通っている際に、講師として河野先生とお会いしたのが始まりです。

ご自身のアトリエ(教室)の活動について、生徒さんのことや、教える上で気を付けていること等を教えて下さい。

河野さん:生徒が出してきた作品そのものの善し悪しや技術的なレベルだけで評価をしがちですが、そのこととは別に、生徒のものの見方や考え方が優れているというような場合、その良いところまでつぶさないように指導することを心掛けています。技術的なものは時間をかけて修練すればいずれできるようになってきますので、指導する立場としては、今できている、できていないだけでその生徒のすべてを否定するようなことにならないように気をつける必要があります。
また生徒の力量や才能等にもよりますが、将来性を感じる生徒には、意識的に、その生徒のそのときのレベルの一歩先を要求するなどといったことも考えています。

ご自身の作品創作活動について、どのような作品をつくっていらっしゃるか、またどのような販売活動をされていらっしゃるか教えて下さい。

河野さん:金工が中心で、花器などを制作してきましたが、金工の技術を用いてもう少し自由なレリーフ等も制作しています。(作品URL:http://atk3.jp/
ジュエリーについてはオーダーがあったときに制作しています。

アートワックスをはじめた経緯について、これまでの創作活動からの発展性や、アートワックスに対する期待感などを教えて下さい。

河野さん:彫刻などもそうですが削りだしていって造形をつくる作業は、立体造形の基礎をある程度身につけていないとなかなか思うように進みません。
粘土のように盛りつけしていくアートワックスは、初めてでも比較的簡単に造形ができあがるというところが一番の魅力だと思います。

ものつくりに対する思いやこだわり、ものつくりのどこが魅力なのか等、教えて下さい。

河野さん:伝統工芸や分野毎に、犯してはいけない「掟」のようなものがあり、技術的、文化的な観点から守るべきことや方法があるのは確かですが、それらはその当時の技術ではそうせざるをえなかったとか、当時の文化的な背景ではそういう考え方が一般的だった、という前提条件のもとに成立していることが往々にしてあります。そのことを理解せずに型だけを守るような掟は意味がないことですし、作家としては過去のものをただ踏襲するのはつまらないことだと考えています。若い人でも古典そのままに作品をつくってくる人がいますが、もっと自由に考えていいのではないかと思います。
私自身も作品づくりの中で、鉄とアルミなどタブーとされる素材を一緒に扱うといったことをやったりしています。(ただし実際に使うものですので、)私の作品はすべて「私が生きている限り修理します」と謳っています(笑)。

これからジュエリークリエイターを目指す方にメッセージをお願いします。

河野さん:ものづくりにおいてものの見方や考え方が重要なのは確かですが、特にジュエリーは商業美術の範疇に入るものです。作家の考えやコンセプトをやたらと重視する風潮もありますが、一番大事にすべきなのは身につける人や贈る人の気持ちではないでしょうか。
またデザイン力や、イメージ力がないという方は、デッサンの練習をするとよいと思います。デッサンは、なにも絵をうまく描くという練習をしているのではなく、カタチをつくるプロセスを通じてデザイン力を高めるために必要なモノの見方や捉え方を鍛えることにつながります。紙と鉛筆だけで誰にでも簡単にできる方法ですので、美大生やその受験生は基礎の基礎としてデッサンをやっています。