頑固ではなく、柔軟な「職人」。
心穏やかに心地いい作品を創り続けたい。浅田純代さんインタビュー

  1. Home >
  2. 活躍する会員インタビュー >
  3. 浅田純代さん
ジュエリー・アクセサリーづくりの講師として教室や工房運営に励んだり、
技術やチャンスを活かしてアーティストとして活躍している会員の声をご紹介します。

Interview

工房*紗樹舞樹浅田純代さん

頑固ではなく、柔軟な「職人」。
心穏やかに心地いい作品を創り続けたい。

法律の道からジュエリークリエイターの道へ。様々な出逢いを経て作品創作の幅を広げる浅田純代さん。自分のペースで毎日着けたくなる、優しい心地いいジュエリーを創り続ける浅田さんにお話しを伺いました。

ジュエリークリエイターになった、またはなろうと思った経緯を教えて下さい。

浅田さん:司法書士受験勉強中に見たアートクレイシルバーの記事がとても印象に残り、受験が終わったら是非やってみたいと思いました。その後、病気になり、何度か入院をすることになってしまったのですが、そのときも雑誌でジュエリーの写真を見るのが一番の癒しになっていました。それからすっかり虜になってしまいました。

ジュエリークリエイターとして活動することで、得ることができた貴重な体験や関係、素敵だなと思えることについて教えて下さい。

浅田さん:新しい友人がたくさんできたこと、サラリーマン時代には味わえなかった一国一城の主?になれたこと。

今後、ジュエリークリエイターとして更に挑戦したいことを教えて下さい。

浅田さん:まだまだ修行中だと思っています。これからも謙虚さを忘れずに努力を重ねていきたいです。

好きなことを仕事にするということについて、その喜びや苦労等を教えて下さい。

浅田さん:「仕事」に関する苦労は人一倍してきているので…好きなことをしているというだけで喜びを感じています。

ご自身のアトリエ(教室)の活動について、生徒さんのことや、教える上で気を付けていること等を教えて下さい。

浅田さん:生徒さんおひとりおひとりのニーズにお応えできるよう、少人数でやっています。(商売っ気がなさすぎるとよく言われますが、お教えすることは私にとっても勉強だと思っているので…)

ご自身の作品創作活動について、どのような作品をつくっていらっしゃるか、またどのような販売活動をされていらっしゃるか教えて下さい。

浅田さん:毎日着けたくなる、優しい心地いいジュエリーをつくっています。販売はネットショップ・委託・イベント等で。

アートワックスをはじめた経緯について、これまでの創作活動からの発展性や、アートワックスに対する期待感などを教えて下さい。

浅田さん:JJCAさんからのメールがきっかけでした。アートクレイシルバーと彫金とアートワックスの特性をうまく融合させて行きたいと思っています。

今後アートワックスを使ってどのような創作活動をしていきたいか、また現在どのような活動を行っていらっしゃるか教えて下さい。

浅田さん:今まで通りシルバージュエリーを中心に真鍮やゴールドのものも作っていきたいです。せっかく持っているビーズ等の資格もうまく使って制作活動をしていきたいです。

ものつくりに対する思いやこだわり、ものつくりのどこが魅力なのか等、教えて下さい。

浅田さん:頑固ではなく、柔軟な「職人」でいたいです。
作っている人の心がギスギスしていたら心地いい作品は出来ないと思うので心穏やかでありたいです。

日々、ひとりの人間として気にしていること、大切にしていること等を教えて下さい。

浅田さん:「みんな違ってみんないい」だから人と比較しない。他人を尊重する。でも、あくまでもマイペース。

これからジュエリークリエイターを目指す方にメッセージをお願いします。

浅田さん:日々、勉強だと思います。