身につけた時の心地よさを大切に、幸せな気持ちを演出できるジュエリーを志しています。竹花美穂さんインタビュー

  1. Home >
  2. 活躍する会員インタビュー >
  3. 竹花美穂さん
ジュエリー・アクセサリーづくりの講師として教室や工房運営に励んだり、
技術やチャンスを活かしてアーティストとして活躍している会員の声をご紹介します。

Interview

工房M竹花美穂さん

身につけた時の心地よさを大切に、幸せな気持ちを演出できるジュエリーを志しています。

銀粘土やアートワックスなどの技術で創作する竹花美穂さん。自然の風景を中心としたモチーフで、身に着けた時の心地良さを大事に、個性を引き立たせるジュエリーをつくられる竹花さんにお話しをお伺いしました。

ジュエリークリエイターになった、またはなろうと思った経緯を教えて下さい。

竹花さん:小さな頃から、ものつくりが好きでした。いろんなことを習得して行く上で、ジュエリーとの出会いがあり、その仕事にたずさわる方たちと話をする内に、いつしかこの道に進むことになりました。

ジュエリークリエイターとして活動することで、得ることができた貴重な体験や関係、素敵だなと思えることについて教えて下さい。

竹花さん:いろんな場所へ行って教えたり、展示や販売をすることで、素敵な人たちに数多く出会えることは、私にとってとても良い経験になっています。

今後、ジュエリークリエイターとして更に挑戦したいことを教えて下さい。

竹花さん:いつか海外で個展がしたい!!(笑)と思っています。身に付けられる技術や経験は、何にでも挑戦して行きたいと思います。

好きなことを仕事にするということについて、その喜びや苦労等を教えて下さい。

竹花さん:全てにおいて自分の責任になるということが、苦労と言えるところでしょうが、反面、全て自分の思い通りにして行けるということでもあります。ハラハラ、ドキドキ感があって、とても面白く、やりがいがあります!

ご自身のアトリエ(教室)の活動について、生徒さんのことや、教える上で気を付けていること等を教えて下さい。

竹花さん:教えることで気をつけていることは、その方がデザインや世界観をくずさず、いかに作るかということです。決してその方の邪魔をしないように、心がけています。

ご自身の作品創作活動について、どのような作品をつくっていらっしゃるか、またどのような販売活動をされていらっしゃるか教えて下さい。

竹花さん:オーダー以外は、基本的に、「今、つくりたいもの!」を作っています。主に、ギャラリーでの販売をしています。たまに景色の良いところで、展覧会をしています。

アートワックスをはじめた経緯について、これまでの創作活動からの発展性や、アートワックスに対する期待感などを教えて下さい。

竹花さん:共通の知り合いの方からの紹介で始めました。ジュエリーを作る技術が1つ増えたことで、幅が広がった気がします。各々の良いところをチョイスして、作品がつくれればと思います。

今後アートワックスを使ってどのような創作活動をしていきたいか、また現在どのような活動を行っていらっしゃるか教えて下さい。

竹花さん:現在は、自宅などで教えています。もっと手軽に楽しめるジュエリー創作が出来るようになればと思います。今後は、自由な発想でオリジナルなものを作って行こうと思っています。

ものつくりに対する思いやこだわり、ものつくりのどこが魅力なのか等、教えて下さい。

竹花さん:身につけた時の心地よさを大切に、可愛らしさとエレガントをそえて、幸せな気持ちを演出できるジュエリーを志しています。喜んで身につけて下さっているところを見ると、とても嬉しく思います。

日々、ひとりの人間として気にしていること、大切にしていること等を教えて下さい。

竹花さん:人生は、そんなに長くない!ということ。過ぎ去ったことに反省はしても、どうにもならないことに後悔するな!目の前のことに心を向けよう!ということを、モットーとしています。

これからジュエリークリエイターを目指す方にメッセージをお願いします。

竹花さん:最後にのこるものは、ものつくることが好きはどうかだと思います。好きなら、苦労が経験に変わっていくので、ちょっと大変でも、多いに楽しめると思います。一緒に頑張りましょう!

これからアトリエ(教室)運営をはじめる方にメッセージをお願いします。

竹花さん:先ずは、始めることが大事だと思います、教え方や運営方法などは、その内、慣れてきて、自然と集中出来るようになります。教えることで、学べますので、まずは一歩、前進しましょう!