ものづくりは生き方そのものです。ひとつひとつ手を抜かないことが大切。渡辺七重さんインタビュー

  1. Home >
  2. 活躍する会員インタビュー >
  3. 渡辺七重さん
ジュエリー・アクセサリーづくりの講師として教室や工房運営に励んだり、
技術やチャンスを活かしてアーティストとして活躍している会員の声をご紹介します。

Interview

N℃エヌ・ドゥ・シィー渡辺七重さん

ものづくりは生き方そのものです。ひとつひとつ手を抜かないことが大切。

歯科技工士からジュエリークリエイターに華麗なる転身の後、自身の作品集を出版したりと活躍中の渡辺七重さん。ものづくりは生き方そのものと考え、常に新たなことに挑戦し続ける渡辺さんにお話をお伺いしました。

ジュエリークリエイターになった、またはなろうと思った経緯を教えて下さい。

渡辺さん:歯科技工士をしていたこともあり、気に入ったジュエリーが売っていなかったのもあり、メタルのリングやモチーフを自分の好きなように作ったのが始まりです。
そのうちにビーズと出会いいろいろなジャンルのジュエリー作りをしてきました。

ジュエリークリエイターとして活動することで、得ることができた貴重な体験や関係、素敵だなと思えることについて教えて下さい。

渡辺さん:自分でデザインし、物を作るようになってから、どんなものでも、形や色、感触などをトコトンつくづく眺めてしまう癖がつきます。そうすることで、物の本質が見えてきたり、気付かなかった事柄に気づくようになりました。素敵なものを素敵、きれいなものを見てきれい、と思えることの素晴らしさを再確認できることがジュエリークリエイターの醍醐味ですね。

今後、ジュエリークリエイターとして更に挑戦したいことを教えて下さい。

渡辺さん:いろいろなものとのコラボレーションをしてみたいです。

好きなことを仕事にするということについて、その喜びや苦労等を教えて下さい。

渡辺さん:好きなことを仕事に出来て幸せです。また、好きでなければ出来ないとも思います。
苦労しても苦労と思わないで済む。好きに勝ることはないと思います。

ご自身のアトリエ(教室)の活動について、生徒さんのことや、教える上で気を付けていること等を教えて下さい。

渡辺さん:ものづくりは、「楽しい」と思わないと出来ない。少しでもストレスに思うならやめたほうがよいと思います。それが作品に出ますから、と話しています。
ただ、楽しい、と最初から思えるわけではないです。最初味わうだろうちょっとした壁を乗り切るまでは、「大変」と感じることもあるけれど、そこで大変を味わわずに先に進むともっと高い壁を越えなければなりません。その方が大変です。
そして、その苦労は、必ず作品に現れてきます。そこからの楽しみは、どんどん増えて行きますから、「続けること」「あきらめないこと」が大事です。

ご自身の作品創作活動について、どのような作品をつくっていらっしゃるか、またどのような販売活動をされていらっしゃるか教えて下さい。

渡辺さん:ビーズジュエリーを作っています。絵画からインスピレーションを受け、それを表現したネックレスなどが代表的です。ビーズジュエリーキットをデザインし、WEBSHOPや委託販売先にて販売しています。

アートワックスをはじめた経緯について、これまでの創作活動からの発展性や、アートワックスに対する期待感などを教えて下さい。

渡辺さん:歯科技工士をしていたこともあり、ロストワックス製法でのジュエリー作りが好きだったと。
ビーズワークとのコラボ、その他素材などとのコラボなど、幅が広がることに期待して始めました。

今後アートワックスを使ってどのような創作活動をしていきたいか、また現在どのような活動を行っていらっしゃるか教えて下さい。

渡辺さん:ビーズワークとのコラボを楽しみたいです。

ものつくりに対する思いやこだわり、ものつくりのどこが魅力なのか等、教えて下さい。

渡辺さん:ものづくりは生き方そのものです。ファストではなくスローのよさ。ひとつひとつ手を抜かないことの大切さが魅力です。

日々、ひとりの人間として気にしていること、大切にしていること等を教えて下さい。

渡辺さん:あとでやる、ということをしない。毎日生きていることに喜ぶ。

これからジュエリークリエイターを目指す方にメッセージをお願いします。

渡辺さん:よく見せよう、うまく作ろうと思ってもいいものはできません。自分の力を出し切ろう、とすればおのずと納得いくものができる。丁寧に素直な気持ちで継続するのが大事です。

これからアトリエ(教室)運営をはじめる方にメッセージをお願いします。

渡辺さん:作ることは技術がすべてではなく、技術を習得したらそこがスタートラインです。
技術を教え、そこからやっと個性が見えてくるので、そこから一緒に学ぶつもりで
心をこめて思うことを伝えましょう。