自分を夢中にさせてくれるジュエリークリエイターという職業を支えてくれる人々に感謝。引間道彦さんインタビュー

  1. Home >
  2. 活躍する会員インタビュー >
  3. 引間道彦さん
ジュエリー・アクセサリーづくりの講師として教室や工房運営に励んだり、
技術やチャンスを活かしてアーティストとして活躍している会員の声をご紹介します。

Interview

MADE IN REAL DESIGN引間道彦さん

自分を夢中にさせてくれるジュエリークリエイターという職業を支えてくれる人々に感謝。

故郷である秩父のアトリエからブランドを発信する引間道彦さん。故郷を愛し、ハードなレザーとシルバーからオールハンドメイドで作品をつくりあげていく、こだわりの仕事を続ける引間さんにお話をお伺いしました。

ジュエリークリエイターになった、またはなろうと思った経緯を教えて下さい。

引間さん:学生の頃から趣味で革の財布等を手縫いで作っていました。それに付けるパーツ自体も作りたいと思ったのが始まりです。

ジュエリークリエイターとして活動することで、得ることができた貴重な体験や関係、素敵だなと思えることについて教えて下さい。

引間さん:活動を通して色々な人達とであうことができ、考え方や楽しみ方を学べること。
私が活動していけるのは、すべて私の活動を周りの方々が見ていてくれて声をかけてくださったり、紹介してくださったりした事がきっかけでした。
どんなに小規模でも活動し続ける事で、多くのすばらしい出会いに恵まれるのが素敵な事だと思ってて、私の人生にチャンスをくださった周りの方々にも本当に感謝しております。

今後、ジュエリークリエイターとして更に挑戦したいことを教えて下さい。

引間さん:ジュエリークリエイターとしてより多くの人達に知って頂けるように活動の場をひろげること。インストラクターとして多くの人達に楽しく創作できる事を伝えていくこと。

好きなことを仕事にするということについて、その喜びや苦労等を教えて下さい。

引間さん:好きなことを仕事にしているので苦労とは思いません。ただ続けることの大変さや悩みはあるけれどそれもふくめて楽しんでいます。

ご自身のアトリエ(教室)の活動について、生徒さんのことや、教える上で気を付けていること等を教えて下さい。

引間さん:教えるうえで気を付けていることは、一人一人が理解力や進むペース等ちがうので、その人にあったわかりやすい教え方ができるように 努めています。

ご自身の作品創作活動について、どのような作品をつくっていらっしゃるか、またどのような販売活動をされていらっしゃるか教えて下さい。

引間さん:自分で創作したものをメインにショップ販売をやっていて、メンズやレディースのアクセサリー、ジュエリーまたオーダージュエリーを展開しています。

ものつくりに対する思いやこだわり、ものつくりのどこが魅力なのか等、教えて下さい。

引間さん:創作を自分自身が楽しんでやっていること、想いをこめてつくる事。自分を夢中にさせてくれるのが魅力です。

日々、ひとりの人間として気にしていること、大切にしていること等を教えて下さい。

引間さん:やはり自分は1人でやっているのではなく、まわりの沢山のひとに支えられているんだと思いつねに感謝の気持ちであることですね。

これからジュエリークリエイターを目指す方にメッセージをお願いします。

引間さん:やりたいと思っていることをするのには自分から行動すること。やれたらいいでやれないのよりもはじめの一歩を踏み出しましょう。

これからアトリエ(教室)運営をはじめる方にメッセージをお願いします。

引間さん:沢山の人の笑顔や喜びを共有できる素晴らしい場になるので明るく楽しくはじめてください。