自分に自信を持って、いくつになってもときめきを忘れない。貞金タカコさんインタビュー

  1. Home >
  2. 活躍する会員インタビュー >
  3. 貞金タカコさん
ジュエリー・アクセサリーづくりの講師として教室や工房運営に励んだり、
技術やチャンスを活かしてアーティストとして活躍している会員の声をご紹介します。

Interview

アトリエ・フランシュシュ貞金タカコさん

自分に自信を持って、いくつになってもときめきを忘れない。

日本ポリマークレイ・プレモ協会の会長も務め、ポリマークレイの啓蒙で全国を飛び回る貞金タカコさん。ポリマークレイのアクセサリーとは又違うアートワックスモデリングでつくるアクセサリーで更に世界をひろげ、活躍される貞金さんにお話しをお伺いしました。

ジュエリークリエイターになった、またはなろうと思った経緯を教えて下さい。

貞金さん:ずっと絵を描いてきていましたが、ポリマークレイに出会ってアクセサリー制作もするようになりました。
ポリマークレイでは金や銀などの表現も出来ますが、やはりそこはフェイクですので、本物の金や銀を使ってみたくなったのです。

ジュエリークリエイターとして活動することで、得ることができた貴重な体験や関係、素敵だなと思えることについて教えて下さい。

貞金さん:生徒さんや体験をして下さった方々が、出来た作品をとても嬉しそうに身につけて帰られるときに本当に嬉しく充実感を感じます。

今後、ジュエリークリエイターとして更に挑戦したいことを教えて下さい。

貞金さん:自分のブランドを確立していきたいと思っています。

好きなことを仕事にするということについて、その喜びや苦労等を教えて下さい。

貞金さん:好きなことを仕事に出来ることはとても幸せなことだと実感しています。
ですが締め切りに追われて正直つらく感じることもありますし、また、出張で地方に行くことが多く家事がおろそかになっています。
家族の理解があるからこそ何とかやっています。

ご自身のアトリエ(教室)の活動について、生徒さんのことや、教える上で気を付けていること等を教えて下さい。

貞金さん:お教室では、とにかく生徒さんたちに楽しんでいただくことを一番に考えています。
もちろんテクニック等はきちんとお伝えし、ちゃんと仕上げていただくのが基本ですが、帰って行かれる時に笑顔で「また今度もよろしくお願いします!」と満足感を持って言っていただけるように心がけています。

ご自身の作品創作活動について、どのような作品をつくっていらっしゃるか、またどのような販売活動をされていらっしゃるか教えて下さい。

貞金さん:今現在は、ポリマークレイが主になってアクセサリーや小物を作っています。
時々、イベントなどで販売をしていますが、今後HPでも販売をしていく予定です。

アートワックスをはじめた経緯について、これまでの創作活動からの発展性や、アートワックスに対する期待感などを教えて下さい。

貞金さん:これまで、金属のパーツやチャームなどは既存のものを使うしかありませんでした。
ところがアートワックスは自分でデザインをし原型を自分で作り、それを型にしていくつでも同じものを作ることが出来ます。
しかも、金や銀、プラチナなどで作れてしまう。ポリマークレイだけでは出せない高級感を併せ持つことが出来るのです。
このことだけでも素晴らしい可能性に満ちていると思います。

今後アートワックスを使ってどのような創作活動をしていきたいか、また現在どのような活動を行っていらっしゃるか教えて下さい。

貞金さん:今後の販売活動において、グレードの高いものとカジュアルなものの二通りを視野に入れており、もちろんアートワックスは前者です。
また、今後のペイントやクレイ作品にも効果的に使っていけたらと思っております。

ものつくりに対する思いやこだわり、ものつくりのどこが魅力なのか等、教えて下さい。

貞金さん:やはり、自分自身が欲しいと思うもの、ときめくもの、作っていて楽しいものが良い作品になると思います。
出来上がったときの満足感、達成感は魅力ですね。

日々、ひとりの人間として気にしていること、大切にしていること等を教えて下さい。

貞金さん:気持ちはとても若い気でいるのです。でも、いつどうなるのか分からないものです。
一日一日を楽しく生きる!きっと私が楽しんでいたら、その楽しい気持ちは周りの方々に伝染すると思いますので、楽しむように心がけています。
それから、失敗や起きてしまったことはくよくよ考えないようにして『これはこうなる運命だったんだ』と思い、次に行くようにしていることです。

これからジュエリークリエイターを目指す方にメッセージをお願いします。

貞金さん:メッセージだなんておこがましいのですが、妥協をしたらそれなりの作品に、楽しみながらときめきながら作ったものはきっと素敵な作品になっているような気がします。
自信を持って、いくつになってもときめきを忘れないでいただけたらと思います。

これからアトリエ(教室)運営をはじめる方にメッセージをお願いします。

貞金さん:運営、なかなか難しいことですね。
素晴らしい技術があっても生徒さんが集まらない・・そのような方はたくさんいます。
そんな時はちょっと自分を俯瞰で眺めてみることをお勧めします。
広告が足りないかもしれない、もしかしたら今までのやり方がニーズに合わなくなってきているのかもしれない。
あきらめたり、くよくよ考えるのではなく、冷静に客観視してみるのです。
数字だけを見て、その部分だけを何とかしようと必死になっても解決しないことが多々あると思います。
実は私も現在、方向転換中!これは、これから何度でも行うべきことだと思っています。