よいエネルギーで満ちている空間で
ものづくりをしていたい。高橋亜結さんインタビュー

  1. Home >
  2. 活躍する会員インタビュー >
  3. 高橋亜結さん
ジュエリー・アクセサリーづくりの講師として教室や工房運営に励んだり、
技術やチャンスを活かしてアーティストとして活躍している会員の声をご紹介します。

Interview

nel高橋亜結さん

よいエネルギーで満ちている空間で
ものづくりをしていたい。

山梨の専門学校で彫金を学び、ジュエリー業界で長く勤務後、独立してジュエリークリエイターになった高橋亜結さん。現在は確かな彫金技術と明るい性格で素敵な作品を創作される高橋さんにお話をお伺いしました。

ジュエリークリエイターになった、またはなろうと思った経緯を教えて下さい。

高橋さん:ずっとものづくりが好きでした。その中でも、ジュエリーは身につける人を幸せな気持ちにすることができるからと思いジュエリークリエイターを目指しました。

ジュエリークリエイターとして活動することで、得ることができた貴重な体験や関係、素敵だなと思えることについて教えて下さい。

高橋さん:オーダーいただいたジュエリーを通して、お客様と作家を結ぶことができることが一番素敵な体験です。作った作品を納品したらおしまいというわけではなく、そこから長いおつきあいの始まりになります。付き合いの中でお互いの信頼関係を築くことができ、家族や友達のように接していただけたときに、とてもやりがいを感じます。

今後、ジュエリークリエイターとして更に挑戦したいことを教えて下さい。

高橋さん:オリジナル作品を作って展示、発表会をしてみたい。

好きなことを仕事にするということについて、その喜びや苦労等を教えて下さい。

高橋さん:苦労を感じたことはないですね。やること全てが自分の経験につながると思って日々過ごしてます。

ご自身の作品創作活動について、どのような作品をつくっていらっしゃるか、またどのような販売活動をされていらっしゃるか教えて下さい。

高橋さん:アートワックスをはじめとする様々な彫金技法で作品をつくっています。吉祥寺デザイナーズヴィレッジ内に自分の工房を持ち、そこで販売中です。

アートワックスをはじめた経緯について、これまでの創作活動からの発展性や、アートワックスに対する期待感などを教えて下さい。

高橋さん:アートワックスは道具はコンパクトですし、場所も小スペースで音も出ないので、気軽に家で創作できます。趣味で空いた時間を利用して気軽に作品づくりができると思う。

ものつくりに対する思いやこだわり、ものつくりのどこが魅力なのか等、教えて下さい。

高橋さん:作ったものをみて喜んだり、感動してもらえた瞬間にこの仕事をしていてよかったと心から思います。その気持ちを忘れずに丁寧な仕事をしていくことを心がけています。

日々、ひとりの人間として気にしていること、大切にしていること等を教えて下さい。

高橋さん:ポジティブに物事を考えること。よいエネルギーで満ちている空間でものづくりをしていたい。それが作品にも表れると思います。

これからジュエリークリエイターを目指す方にメッセージをお願いします。

高橋さん:好きなことならとにかくとことん続けるべし!