ジュエリー創作を通じて、
人を楽しませるコトの出来る
情報発信基地になりたい。秋山佳世さんインタビュー

  1. Home >
  2. 活躍する会員インタビュー >
  3. 秋山佳世さん
ジュエリー・アクセサリーづくりの講師として教室や工房運営に励んだり、
技術やチャンスを活かしてアーティストとして活躍している会員の声をご紹介します。

Interview

Silberika秋山佳世さん

ジュエリー創作を通じて、
人を楽しませるコトの出来る
情報発信基地になりたい。

もともとモノづくりが好きで手先も器用だった秋山佳世さん。純銀粘土と出逢いアクセサリー創作をはじめて、いまではアートワックスや彫金と数々の技法を駆使し、オンリーワンの作品創作をしている秋山さんにお話をお伺いしました。

ジュエリークリエイターになった、またはなろうと思った経緯を教えて下さい。

秋山さん:アクセサリーに関しては、観たり、買ったりしかしてなかった頃、市販のものに飽きた時期がありました。そんな時、実際につくる過程や、つくっていらっしゃる方に出会い、ピンとくるものがないなら自分でつくればいいと思ったのがキッカケです。元々つくるコトが好きなので、すぐにのめりこみました。

ジュエリークリエイターとして活動することで、得ることができた貴重な体験や関係、素敵だなと思えることについて教えて下さい。

秋山さん:人との出会いが素敵です。
作り手でないと出会えないような方々からお話しを聞けたり、勉強させていただいたり、通常では入れないような場所、普通は表には出ない場面を見せていただいたり・・・
ジュエリーを選んだり見ていただいたりする時に、お客様の夢や、そのジュエリーに込める想い、楽しいコトも、困っているコトも、いろいろ話していただけます。その後も連絡があったりなど・・・そんなつながりが、とても嬉しいです。

今後、ジュエリークリエイターとして更に挑戦したいことを教えて下さい。

秋山さん:一概にジュエリー、アクセサリーを作ると言っても、方法はひとつではありません。
様々な作り方があって、そのひとつひとつがとても奥深いのです。
まだ何も知らなかった頃に、ジュエリーをお店などで初めて見て、まさかあのひとつひとつが職人の手で作られているとは思いもよりませんでした。

私は今まで、講習や学校などで銀粘土、鍛造、ワックスキャスティングに触れ、学んできました。
自身の活動でも、学んだことを活かして講師をしたり、展示会、販売会をしたりしてきました。

その中で、自分の腕をより磨きたいという思いと、より洗練された面白い作品を作れないかと思っていた時に、アートワックスに出会い、今まで以上に作れるものの幅が広がりました。

今後もつくれないものはない!というくらい精進したいです。そのために失敗をおそれず、難しい技法や勉強に何度でも挑戦したいです。

好きなことを仕事にするということについて、その喜びや苦労等を教えて下さい。

秋山さん:喜びは、楽しいコトです。時間を忘れちゃいます。
でも、好きなだけではやってられないのも事実です。金銭的、体力的、時間、心・・・自分がいい具合に続けられるバランスを見つけるのは大変です。
いつも全力で向っていたら、きっと力尽きるし、それでは元も子もないですしね。チカラを適度に、良い加減に入れるコトが大切ですね。妥協や我慢をしなければならないコトも、納得できないコトも多い中で、無理はしない。好きなものが、とたんに嫌いにならないとも限らないので・・・

ご自身のアトリエ(教室)の活動について、生徒さんのことや、教える上で気を付けていること等を教えて下さい。

秋山さん:生徒さんの心です。せっかく習いに来ていただいているので、ちゃんと学んでほしいですが、その前に楽しんで欲しい。「落ち込んでたけど、授業をうけたら元気になりました!」と言っていただけたら最高です。

ご自身の作品創作活動について、どのような作品をつくっていらっしゃるか、またどのような販売活動をされていらっしゃるか教えて下さい。

秋山さん:展示会、個展を定期的に開いて、一部委託でお店に置いていただいています。
身につけていて、自慢したくなるもの、わくわくするもの、そういうコンセプトです。

アートワックスをはじめた経緯について、これまでの創作活動からの発展性や、アートワックスに対する期待感などを教えて下さい。

秋山さん:今までの手法より、より短時間の作業で、たくさん作品をつくっていけたらと思います。おそらくつくれるものが増えるとも思っています。

これからの活動が、すごく楽しみになる素材に出会えたと思っています。
自身の作品作りもそうですが、アートワックスと出会って、これからものづくりを始めようとされる方も実際されている方も、是非楽しんでいただきたいです。

今後アートワックスを使ってどのような創作活動をしていきたいか、また現在どのような活動を行っていらっしゃるか教えて下さい。

秋山さん:今まで手をつけたことのないジャンルにも挑戦したいです。見ていただく方々の目を楽しませたい。そんな創作がしたいです。

ものつくりに対する思いやこだわり、ものつくりのどこが魅力なのか等、教えて下さい。

秋山さん:自分らしさの表現というと偉そうですが、小さいながらも発信基地になれる、コレが醍醐味です。人を楽しませるコトの出来る情報提供というか・・・でも決しておしつけがましくない!これを守っています。

日々、ひとりの人間として気にしていること、大切にしていること等を教えて下さい。

秋山さん:言葉遣いと心遣いです。何をするにも必ず自分以外の人が関わっています。人と人の付き合い、快い関係、あと1番は笑顔ですね。

これからジュエリークリエイターを目指す方にメッセージをお願いします。

秋山さん:夢を大切にしてほしいです。決してあきらめて欲しくない。
現実的なコトは確かにありますが、10年後の自分を明るく想像して腕を磨いてください。(私もですが・・・)

秋山佳世さんのウェブサイトはこちら→http://silberika.lomo.jp/index.html