多くのお客様と出会い、生の声を聞くことが自分自身のパワーの源。ちばのぶよさんインタビュー

  1. Home >
  2. 活躍する会員インタビュー >
  3. ちばのぶよさん
ジュエリー・アクセサリーづくりの講師として教室や工房運営に励んだり、
技術やチャンスを活かしてアーティストとして活躍している会員の声をご紹介します。

Interview

The Beads Landちばのぶよさん

多くのお客様と出会い、生の声を聞くことが自分自身のパワーの源。

オリジナリティの高いビーズ創作で数多くの著書もあるちばのぶよさん。作品創作、出版、メディア露出、そして育児と、何足ものわらじを履き、ジュエリークリエイターとして躍進し続けるちばさんにお話しをお伺いしました。

ジュエリークリエイターになった、またはなろうと思った経緯を教えて下さい。

ちばさん:結婚前に海外旅行の添乗員として働いていた時に、チェコやオーストリアでビーズやクリスタルのアクセサリーに出会ったことがきっかけです。

ジュエリークリエイターとして活動することで、得ることができた貴重な体験や関係、素敵だなと思えることについて教えて下さい。

ちばさん:展示会や催事などで多くのお客様と出会うことができ、直接生の声を聞けることが自分自身のパワーの源になっています。

今後、ジュエリークリエイターとして更に挑戦したいことを教えて下さい。

ちばさん:「アートワックス×ビーズ」の組み合わせはすでにあると思いますが、ビーズの中でも3Dのジャンルと組み合わせることによってより表現の幅を広げたいと思います。

好きなことを仕事にするということについて、その喜びや苦労等を教えて下さい。

ちばさん:好きなことを仕事にしているので毎日が充実したものになりますが、5歳と1歳の二人の男の子の育児との両立は少し大変です。作業は睡眠時間を削ったり、深夜や早朝に行っています。

ご自身のアトリエ(教室)の活動について、生徒さんのことや、教える上で気を付けていること等を教えて下さい。

ちばさん:生徒さんの中には社交的な方もいらっしゃれば、人見知りする方もいらっしゃるので、なるべく私の方から働きかけてみなさんが仲良くなれる雰囲気をつくるようにしています。

ご自身の作品創作活動について、どのような作品をつくっていらっしゃるか、またどのような販売活動をされていらっしゃるか教えて下さい。

ちばさん:スワロフスキーエレメントせ作る立体のビーズモチーフを創作しています。また、自分のブログでの販売や催事での販売やネット販売も行っています。

アートワックスをはじめた経緯について、これまでの創作活動からの発展性や、アートワックスに対する期待感などを教えて下さい。

ちばさん:ビーズでは表現できない細かいパーツや質感により完成度が高く高級感のある作品作りが出来ると期待しています。

今後アートワックスを使ってどのような創作活動をしていきたいか、また現在どのような活動を行っていらっしゃるか教えて下さい。

ちばさん:ビーズモチーフとのコラボや、アートワックス単体でも立体的で斬新的なデザインをしたいと思います。

ものつくりに対する思いやこだわり、ものつくりのどこが魅力なのか等、教えて下さい。

ちばさん:自分自身を納得させられる作品でなければ、人の心には届かないと思うので自分自身100%満足するまで妥協せずに作ります。

日々、ひとりの人間として気にしていること、大切にしていること等を教えて下さい。

ちばさん:人と関わる仕事なので、他の人に気持ちに敏感でありたいと思う一方、あまりネガティブなことにこだわっても疲れるだけで前に進まないので、適度に鈍感であるように心がけています。

これからジュエリークリエイターを目指す方にメッセージをお願いします。

ちばさん:なりたい自分を明確にイメージして一歩一歩進んでいけばふとある時振り返って見ればちゃんと道が出来ているはずです。自分を信じてがんばって下さい。

これからアトリエ(教室)運営をはじめる方にメッセージをお願いします。

ちばさん:「先生」であることに気負いすぎず、生徒さんと一緒に少しずつ成長していけばいいと思います。まずは自分が楽しむことが大切だと思います。